人生は修行それともゲーム?

Pocket

こんにちは!

女性性が花ひらく香りのコンサルタント

Devaユカです!

「人生は修行なのだから、辛いのは当たり前!」

「人生はゲーム!だから面白い!」

あなたはどちらが正しいと思いますか?

どちらも正解です。

これは個人の選択に委ねられているからです。

修行だと思っている人には修行の人生であり、
ゲームだと思っている人にはゲームな人生になります。

これこそが、引き寄せの真実、
あなたの信念体系が反映されるだけです。

私も人生の大半を修行として過ごしてきました。

辛い、苦しい、死んでしまいたい・・・

人生は自分ではコントロールできないものだと思っていました。

スピリチュアルな学びをしていくと、

現実は自分自身が創造している―
という概念に行き当たります。

シナリオ、脚本、演出、
キャストの配役も自分で設定して、
自分が主演の映画を上映しているようなものだと―。

そんなバカな!と思うかもしれません。
でも、自分が創造していると考えると、
人生は自分でいかようにも変えることができる。
ということになります。

主導権は完全に自分にある!

ゲームにしろ、映画にしろ、
最初から最後まで単調では退屈です。

そこにはやはり波乱があり、
ハラハラドキドキ!
次の展開が読めないから面白んですよね。

自分の人生もそうです。

私は、嫌~な人が自分の人生に現れた時、
「なぜこの人をこの場面で登場させたのだろう?」
と、自分の内側を探求していきます。

嫌な気持ちになるのは、
自分の中にトリガーがあり、
相手はその引き金を引いただけなのです。

そのトリガーがなんなのか、
掘って掘って掘っていく。
誰に何をされたかは
もうどうでもよくなってきます。

このタイミングに自分の人生に必要で、
この人にヒール(悪役)をキャスティングし、
このセリフを言わせたのは、私なのですから。

そして、そのトリガーが
自分にとってはもう必要ない、
過去の経験の心の傷だったとわかったりするのです。

人生劇場というゲーム。

困難も、いかに攻略するか!
いかに仲間を見つけるか!
どうやってお宝をゲットするか!

経験値を上げて、
知恵をつけ、レベルアップする!
チャララチャッチャッチャ~↑(ドラクエ風)

深刻にならず、楽しむことが大事です!
ゲームだと思って!

ちょっと古い映画になりますが、
ジム・キャリー主演の
トゥルーマン・ショーもおススメ。
ぜひ自分の人生に置き換えてみてください!


関連記事

  1. お金は善か悪か

  2. 日本人の集合無意識に根深くあるもの

  3. 必要とされることを必要とする人々

  4. ハートの羅針盤で生きる

  5. 事実はひとつ、けれど解釈の数だけ現実は創造される

  6. 愚か者であれ!

  7. 人の為と書いて“偽”

  8. 人に優しく、でもまずは自分に優しく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

宇宙人の過去生 精霊界からのミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ

アーカイブ

ツールバーへスキップ