⑥ユニコーンと繋がる

Pocket

こんにちは!
女性性が花ひらく香りのコンサルタント
Devaユカこと、島田侑佳です!

2017年、年明けに受けたサラさんのリーディングで、
アンドロメディアン達に、
天使と繋がることを提言されていたことを思い出し、
天使関連の本を探していました。

天使といえばドリーン・バーチューが有名ですが、
Amazonのオススメ書籍に、
ダイアナ・クーパーさんの
「大天使パーフェクトアセンションガイド」
が上がってきていて、
表紙の雰囲気も気に入り購入。

読み始めると「ユニコーン」についての章もありました。

このダイアナ・クーパーさん、
ユニコーンについての書籍を出されていると後で知りました。

するとそこへ、ドランヴァロWS参加者の有志で結成されている
週一回の集団瞑想の連絡が入り、

毎回、当番が瞑想のお題を決めるのですが、
そのときの当番が、
いつもサラさんのWSのサポートをしているAさん(♂)で、

なんと彼が出したお題が、

『ユニコーンと繋がり、自分の望みを叶える』

だったのです!

ユニコーンの章を読み終わった矢先のシンクロ。
Aさんを知る人ならわかると思いますが、
よもや彼の口から「ユニコーン」が出てくるとは以外でした。

任意参加なので、いつもサボり気味だったのですが、
今回はこのお題に乗ってみることに。

瞑想を始めると、すべてが淡い水彩画の中のような美しい世界が広がり、

から一頭の美しいユニコーンが姿を現しました。

タテガミは淡く細い金色で、黒ともとれるような深いダークブルーの瞳、角は、骨というより、毛が固まったような、繊維質でした。金色の螺旋も金糸が編み込まれたようで美しい。

ゆっくりと近づいてきて、私を背に乗せると、パステル調の森の中を飛ぶように駆けていき、クリスタルでできた半透明の城の中に入っていきました。

お城に入ると、玉座に女王様が座っていて、思わず跪いて、頭を垂れると、

「そなたの望みはなにか?」

と聞かれたので、「私は私が生まれてきた理由、魂の使命を全うしたい」

と答えてました。

すると、女王から、クリスタルが何個もついたワンドを手渡されました。再び私を連れてきたユニコーンが近づいてきて、顔を寄せて頭を下げてきたので撫でてやると、ぶわっっとこみ上げてくるものがあって、「私、この子知ってる!!」

という想いと同時に、『LaRa』という響きが内側から伝わりました。
その子は私が呼びかけるのをずーっと待っていた、どこまでも私と一緒に旅をしてくれる愛馬のユニコーンだったのです!

翌日、バラの師匠Mさんが来てその話をしたら、なんとMさんは、ずーっと前からユニコーンとの繋がりが深い方で、いろいろ教えてくれました。

彼女を私のところへ導いたのもユニコーンだったのだとか。

この当時、自分にユニコーンだった過去性があることは知りませんでした!!
サラさんのリーディングでは、ユニコーンだった私は「青い泉を飲んで暮らしていた。

私が瞑想でみた、泉から現れるユニコーンLaRaは、過去性の自分だったのかもしれません。

そして、今回の旅は、このユニコーンLaRaとクリスタルワンドがキーになるのです!

関連記事

  1. ②マーリンとミステリーサークル

  2. ⑦A magical wand

  3. ⑧夏至

  4. ①限りない冒険が待っている

  5. ③ミステリーサークルの秘密

  6. ⑤Reborn−再誕生−

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

宇宙人の過去生 精霊界からのミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ

アーカイブ

ツールバーへスキップ