シュンガイト

私はアンドロイドではありませんw

最近、ワークショップや個人セッションをするたびに、
「はやくユカさんの領域に行きたい!」と言われます。でも、私だってアンドロイドではありませんので、傷ついたり、落ち込んだりするんですよ(笑)

ただ、人よりダメージは少ないのかもしれません。回復も早いと思います。なぜなら、とことんそのネガティブなエネルギーに向き合うからです。無視したり、なかったことにしたり、他のことで気を紛らわせてやり過ごしたりしません。がっつりよつですw

感情が揺さぶられるということは、自分の中に、“なにか”があるということです。私はその何かをとことん探究します。どうして傷ついたのか、どうして落ち込んだのか、ずっとずっと掘り下げていくのです。その過程で、ネガティブな感情を全面的に受容していきます。「そう思っていい。ツライと感じていい。」それを感じている自分を許してあげます。無理にポジティブに捉えようとしたりしません。

人は強くあることが望ましいとされ、そうなれるように努力することが礼賛されます。でも、本当にそうでしょうか?強くならなきゃダメでしょうか?弱いことに価値はないのでしょうか?

ONEの見地からみれば、強さと弱さは相対的なものであれ、そこに良い悪いはないはずです。

ネガティブな感情を掘り下げていくと、過去の体験だったり、自己肯定感の低さだったり、いつもお決まりの思考パターンが見えてくるのです。それは、使い古したもので、もう手放してもいいんじゃない?というものばかりです。違う選択をしてみたら?と魂に問われているのです。

相手に何かを言われて傷ついた。何かをされて頭にきた。

でも、相手にそれを言わせたのは「私」なのです。相手にそれをさせたのも「私」なのです。それは、私が私の中にある“なにか”に気づくためです。

外側に問題や原因を見ているうちは、その“なにか”に気づくことはできません。だから私は自分の中を見続けるのです。「られた、された」と思って、相手を責めたくなる気持ちはわかります。でも、相手を責めたって、ちっとも気は晴れませんよね。そのエネルギーを自分への内観に使うのです。どうして感情を揺さぶられたのか、嫌な気持ちになったのか・・・。

先日、ちょっと傷つくことを言われて、久しぶりに落ち込みました。以前だったら、うじうじ、メソメソ、どうせ私なんて。。。といって悲劇のヒロインになっていたと思います。

一瞬そのフィルターが現れて、相手を責めたくなる気持ちも芽生えました。でも、私の中にまだ「悲劇のヒロインをやりたい」という願望があるのかと気づいて笑ってしまいました。そして傷ついていることにも感動してしまった!(ドMかっw)

今までとは違う行動をしてみようと思いました!それで現実がどう変化していくのか、それを楽しみたい!

私は思い出してしまったのです。
私が世界を創造していることを−。

確かに、私の領域にくると人生が面白くなってくるのかもしれません(笑)

地球人にも、スターシードにもオススメ!
「地球での生き辛さを解消する」個人セッションのご案内はコチラ

関連記事

  1. ハートの羅針盤で生きる

  2. 信じることより強いもの

  3. 人に優しく、でもまずは自分に優しく

  4. 22を超えてゆけ

  5. 天使は清き家に舞い降りる~断捨離のススメ~

  6. 人の為と書いて“偽”

  7. 事実はひとつ、けれど解釈の数だけ現実は創造される

  8. 愚か者であれ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Subscribe2