育ててもらったからといって全てを受け入れなくていい

先日の個人セッションレポート、ご本人様のご了承得て掲載します。

今回の相談者Yさんは、おしゃべり好きで陽気な50代の女性。飾らず自分をさらけ出すことができる人で、だれもが彼女に心を開き、彼女の周りはいつも笑いが絶えません。

そんな彼女が問題を抱えているようには見えませんでしたが、個人セッションのお申し込みをいただきました。

ご相談は、お父様に対する感情でした。昭和初期世代の男性は、男尊女卑が強く、気が短いお父様は、お母様に手を上げる人でした。それを見ていた彼女は、お父様に対する嫌悪感を拭えずにいたのです。

とはいえ、自分には優しく、好きなことをなんでもさせてくれて、東京の大学まで出してくれた。感謝もしてるとのこと。

そして母親に手を上げる気の短い父親を見て育ったので、「自分は絶対に気の短い男性とは結婚しない!」と決めて、優しいご主人様と出会い、お孫さんも生まれて今とても幸せに暮らしています。

そして、お父様にも、このことを話しているそうです。

だから、ほぼ、問題は解決している(その感情を持っていることでのメリットまでわかっているので)のですが、彼女の中に昇華しきれない、父親に対する嫌悪感、怒りをすっかり出し切ってもらうお手伝いをさせていただきました。

セッションでお話ししているとよくあるのですが、Yさんのように、嫌いな部分を、よくしてもらったことや、好きな部分で相殺しようとする人が多いんです。

でも、〇〇なんです。とか、だけど、△△してもらったし・・・

でも、そんなことしなくていいんですよ。

嫌いって感情もちゃんと感じてあげて、肯定してあげて、受け入れてあげてください。

よくしてもらったから、育ててもらったから、嫌っちゃいけない、と思わなくていいんです。

ネガティブな感情を感じたくない、感じちゃいけないという抵抗が苦しみを生みます。嫌いなものは嫌い!そう思って、そう感じていい!

それをしっかり受け入れて、感じきってあげると、嫌悪感は薄らいでいきます。抵抗しないで!

地球人にも、スターシードにもオススメ!
「地球での生き辛さを解消する」個人セッションのご案内はコチラ

関連記事

  1. 嫁姑問題~いじめられる側の捉え方で、悲劇にも喜劇にもなる~

  2. アクアライン

    宇宙人ユカの出張セッション

  3. 手放す必要も書き換える必要もない!すべては愛から派生しているのだから!…

  4. 親を殺してやりたいほどの憎しみから得ていたもの

  5. 自己肯定感の喪失

  6. 父の呪縛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Subscribe2