嫁姑問題~いじめられる側の捉え方で、悲劇にも喜劇にもなる~

Pocket

こんにちは!

女性性が花ひらく香りのコンサルタント

Devaユカです!

地球での生き辛さを解消する個人セッション、

今回は、嫁姑問題に悩むNさん(嫁)のレポート。

お話を聞いていて、

本当にこんなお姑さんがいるんだ!

と思うほどの、ドラマ並の鬼姑ぶり!

私だったらうつ病になってるか、

耐えられなくてとっくに離婚しております(汗)

しかし、Nさんは自己肯定感の高い人だったので、

この姑の仕打ちに対して、

鉄板ヒロインとはまったく違う反応を示したのです。

Nさんは、ご両親と祖父母の愛情をたっぷり受けて育ちました。

商店街で500円のくじを当てただけでも、

「この子はなにか持ってる!!」

と大絶賛された幼少期を過ごし、

自己価値が育まれた結果、

物事を楽観的にとらえ、

あまりクヨクヨ悩んだりすることはないそうです。

お姑さんにいじめられても、嫌味を言われても、

「この人はどうしてこんなことを言うのだろう?」

「この人に、私の幸せを邪魔されてたまるもんですか!」

「お義母さんは、メソメソして庭の草むしりをしているような私を望んでいるけど、そうじゃなくてきっとがっかりしてるわね。」

お姑さんの希望に反し、いじめに全く屈しない。

それどころか、セッションをしていくと、

お姑さんを憐れんでいるのです。

「お義母さんも、あんな風に嫌味を言わなければ、孤立することもないのに。」

「かわいそうな人だと思う。」と。

自己価値の高い人は、

決して悲劇のヒロインにはなれないのだなぁと思いました。

私は彼女の話を聞いていて、

結構ひどいことをされているのに

それに対する彼女の返しがおかしくて、笑ってしまいました。

嫁姑関係に限らず、いじめは大きな問題です。

しかし、いじめられる側がそれをどうとらえるかで、

悲劇にも喜劇にもなりえるのです。

そこにはやはり、自己価値が反映され、

被害者になってしまう人は、

無意識にそれを選択しているのだと思いました。

彼女の例はレアケースです。

いじめてくる相手を憐れむ必要はありません。

いじめられてるのに、

それを肯定的にとらえる必要はありません。

ただただ、

それに対して感じている想いや感情を

否定せず、抵抗せず、自分に赦していくだけです。

傷ついている自分を受容していく―

そうすると、それがギフトだと悟る瞬間がきます

かくいう私も、長らく悲劇のヒロインでした(笑)

でも今は、自分を責めたり、

相手を責めたりできなくなってしまったので、

悲劇のヒロインを演じられらなくなってしまいました(笑)

どん底まで行ったら、あとは上に上がるしかありません。

大丈夫!あなたもきっと自分で幸せを創造できるようになります!

誰も、あなたを傷つけることなどできないのです。

あなたが傷つくという選択をしない限り―。



関連記事

  1. 父の呪縛

  2. 親を殺してやりたいほどの憎しみから得ていたもの

  3. 自己肯定感の喪失

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ⑧夏至

    2019.06.21

宇宙人の過去生 精霊界からのミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ

アーカイブ

ツールバーへスキップ