精霊界のミッション⑨彼らの聖域

Pocket

こんにちは!

女性性が花ひらく香りのコンサルタント

Devaユカです!

City of Londonは古くからのイングランドの金融街。


ロンドン証券取引所、イングランド銀行、ロイズ本社が置かれ、
19世紀から今日まで続く主要な金融センターとして
ニューヨークのウォール街と共に世界経済を先導している。

Wikipedia

そしてこのCityの入り口には、

必ずドラゴンの像が置かれているらしく、

それはドラゴンがシティの紋章であるからなのですが、

同時に、昔その場所がシティに入場するための

関所やゲートがあった場所でもあるそうです。

中世は城壁で囲われていたのだとか。

当時は分からなかったのですが、

このCity of Londonの紋章こそが、

レプティリアン(爬虫類型宇宙人)の王族、

ロイヤルドラコだったのです!

ロイヤルドラコ~レプティリアン種の中でも頂点に君臨し、シルバーの身体に羽があるのが特徴~

これは、Cosmic Disclosureで知りました。

世界の金融の中心地だったCityこそ、

債務システム(バビロニア経済奴隷システム)で

私たちに恐怖を植え付け、

支配してきた彼らの聖域だったのです!

先のブログでも述べたように、

イギリス王室は彼らの血脈であり、

世界中に植民地を持っていた王室は、

まさに世界を支配していたのです。

英語は世界の標準語で、

世界時計の標準時刻はイギリスです。

フリーメイソンのグランドロッジもロンドンにあります。

イギリス(世界)は彼らの支配下にあった

Temple駅からブラックフライアーズ駅に向かう途中、

精霊界(エレメンタル)の住人であろうシンボルに遭遇しました。

ペガサス~海の神ポセイドンの息子
マーメイド

ようやくブラックフライアーズ駅に着くと、

嫌~な予感。

なんと、ディストリクト・サークルライン自体が

動いてなかったのです!

ウエストミンスターからロンドンブリッジまでがCity of London
黄色と緑のラインが動いていなかった。
左側にあるBayswaterが私たちが帰りたい場所。

駅にいた警察官に、

「Bayswaterに帰りたいんだけど」、と伝えました。

警官は路線図を見て頭を抱えてました。

私たちはこの時、

完全にCityに閉じ込められてしまったのです。


しかたなく、

ロンドンブリッジ駅を目指すことになりました。

ノーザンライン(黒)でMoorgateへ出て、

ハマースミス&シティライン(ピンク)でもう一つの最寄り駅、

Royal Oakに戻るしか、道がなかったのです。


この頃になると、自分たちの意思でどうすることもできない、

目に見えない力が働いているように感じ始めました。



関連記事

  1. 精霊界のミッション2015⑤そして扉は開かれた

  2. 精霊界のミッション⑮秘密結社フリーメイソン

  3. 精霊界のミッション⑫解錠

  4. 精霊界のミッション2015③アヴァロンからの招待状

  5. 精霊界のミッション2015①彼らの洗礼と囚われた妖精たち

  6. 精霊界のミッション⑪附合

  7. 精霊界のミッション⑭古代の樫の木の伝令

  8. 精霊界のミッション⑬冒険の始まり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

宇宙人の過去生 精霊界からのミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ

アーカイブ

ツールバーへスキップ