精霊界のミッション⑧ドラゴン現る

Pocket

ビッグベン改めエリザベスタワー

M子さんとのランチの後、
初ロンドンの愛子さんに、
ビッグベンは見ておくべき!と、
ウエストミンスターまでやってきました。

この時、時計の針が4:30を指しています。
ここから4時間近くも、
City of Londonを彷徨うことになるとは夢にも思っていませんでした。

人は多かったものの、
トゥルーピング・ザ・カラーも終わっていて、
これぞロンドンを満喫することに♪

ウエストミンスター寺院のあと、
ウエストミンスターブリッジを渡り、
テムズ川沿いを歩いて、
ロンドンのもうひとつの見どころ、
タワーブリッジを目指すことにしました。

ロンドン・アイ

ロンドン・アイまで来て、
メリーゴーランドの奇妙な乗り物を発見。


日本では絶対にないデザインだよね!

と愛子さんと話してましたが、
これこそが、サインだったのです!

イギリス国旗の上に
どっかりと居座るドラゴン!

愛子さんが思い出したように、

「なんだかね、たくさんあるんだけど、
真っ黒に塗られて、排気ガスにまみれて、
魚なのにぐるぐる巻きつけられて
かわいそうなの・・・」

とこの街灯のことを言いました。

私は大して気にも留めなかったのですが、
後にこれも重要な意味を持っていたことを知るのでした。

再び歩き始めて、地図を見たら、
タワーブリッジまでまだ3分の1も来ていませんでした。

思えば、
前日トールの丘で日の出を見るために3:30起床
この日もポートベローマーケットに行くために
5:30起床
グラストンベリーではトールの丘を2度登り、
ゴグとマゴグに会うために往復2時間歩きました。

これからフランス、スイスにも行く予定。
愛子さんも疲れていたようなので、
宿に戻って洗濯でもして、
ゆっくりしよう―

私たちが滞在しているBayswater駅を結ぶ
ディストリクト&サークルライン
この線の通るTemple駅が、
少し戻ったウォーター・ルー・ブリッジを渡ったところにあったので向かいました。

橋を渡るとサマセットハウスがあり、
なぜか吸い込まれるように中へ入りました。

サマセットハウス

そこで、なんだか妙に気になる銅像を発見!
帰国後、この像についても驚きの事実を知ることに!

Temple駅に着くと、なんと駅が閉鎖されているではありませんか(泣)

そこには、「整備のため閉鎖しています」の看板。

仕方なく、次のブラックフライアーズ駅へ向けて歩き始めた時、またもドラゴンに遭遇したのです。

このドラゴンが、あのドラゴンだとは、

当時は知る由もなかったのです!

物語は続く・・・

関連記事

  1. 精霊界のミッション⑮秘密結社フリーメイソン

  2. 精霊界のミッション2015①彼らの洗礼と囚われた妖精たち

  3. 精霊界のミッション⑪附合

  4. 精霊界のミッション⑨彼らの聖域

  5. 精霊界のミッション2015⑤そして扉は開かれた

  6. 精霊界のミッション⑦アヴァロンの真の意味

  7. 精霊界のミッション⑩監獄~囚われた精霊たち~

  8. 精霊界のミッション⑬冒険の始まり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

宇宙人の過去生 精霊界からのミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ

アーカイブ

ツールバーへスキップ