精霊界のミッション2015④ロイヤルオーク

グラストンベリーには古代のオークの木、
ゴグとマゴグがいます。

黄金のリンゴの日の出を見た後、
B&Bに戻り、
すっかり冷えた体をお風呂で温めたり、
仮眠をとったりして、
朝食を取った後、会いに行くことにー。

宿のマダムに場所をたずねると
「歩いて一時間くらいかかるわよ」
チェックアウト後も荷物を預かってもらい、
いざ出発。

昨日の晴天とは打って変わって、
雨がパラついたり、肌寒かったり、
でもそのおかげで体力を奪われずに済みました。

あちこちに愛らしい花が咲いていて、
草も木も生き生きしています。

イギリスの森は、
私にとってなんとも懐かしく、
安心感が広がります。

そしてついにゴグとマゴグに会えました。


ゴグ?
マゴグ?

昔、ここはオークの森だったのだそうです。
しかし、オークは高級家具の材料として
伐採が進み、
今ではゴグとマゴグだけになってしまいました。

何気なく会いに行ったゴグとマゴグ。
この古いオークの木のことを覚えておいてください。
ロンドンで再び彼らの存在が示されることになります。

関連記事

  1. 精霊界のミッション2015①彼らの洗礼と囚われた妖精たち

  2. 精霊界のミッション⑦アヴァロンの真の意味

  3. 精霊界のミッション⑪附合

  4. 精霊界のミッション⑥イギリス王室とレプティリアン

  5. 精霊界のミッション⑨彼らの聖域

  6. 精霊界のミッション2015⓪キークリスタル Diana

  7. 精霊界のミッション⑫解錠

  8. 精霊界のミッション⑮秘密結社フリーメイソン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Subscribe2