天使が起こした奇跡

Pocket

こんにちは!

女性性が花ひらく香りのコンサルタント

Devaユカです!

横河サラさんの個人セッションで、
アンドロメダ星人たちから
「天使ともっと親密になるように()」
と言われていたのですが、

日常生活の中で、
天使を意識することがあまりなく、


目に見えなし、私にとって存在自体が不明確、
どうやったらコミュニケーションとれるの?
そんな感じですっかり忘れていました。

ある日、
突然友人からLINE電話が・・・

頻繁にやり取りするほど、
親しいわけではないのに、
LINE電話?誰かと間違って掛けたのかな?
不思議に思いながらも電話に出ると、

「ありがとうね~」

全く意味が解らず、
「誰かと間違ってない?」と聞くと、
「間違ってない」という返事。

「今話せる時間ある?どうしても伝えたくて―」

前日、
彼女はご主人と新車でドライブに出かけたそう。

かねてより行きたかった場所をめぐり、
帰りにサービスエリアで夕食を食べ、
お土産を買って、車まで戻ったのだそうです。

「一刻も早く家に帰ってゆっくりしたい」
そんな思いと裏腹に、
どうしてもここを去りがたい、
後ろ髪をひかれる思い―。

車まで戻ったものの、ご主人に、
「もう一度サービスエリアに戻りたい」
と告げたのだそうです。

普通だったら、もう車まで戻ってきているのに、
旦那さんが了承するはずもありません。
しかし、なぜかすんなりと応じてくれて、
ふたたびお土産を見たりしていたそうです。

さて、いよいよ帰ろうと車を走らせると、
2車線のはずの高速道路が一車線になっていて、

隣の車線を見ると、
大型トレーラーとトラックの間で潰れた乗用車、
青い顔で携帯電話を掛けている運転手、
まだ、救急車も到着していない―。


自分たちの車線にはガラスが散乱し、
その上をジャリジャリと音を立てながら通過。
事故直後だったのは明らかでした。

その事故はとても大きかったようで、
事故処理で5時間近く封鎖されたそうです。

「自分たちは何かに守られていたね。
事故に巻き込まれることもなく、
こうして無事に帰ってこれた。」

感謝と共に眠りにつき、
いつものように目覚めてカーテンを開けようとすると、

そこには、
私がつくった天使のサンキャッチャーが
粉々になって床に散乱していたのだそうです!

その顛末を聞いて、
一気に鳥肌が立ったのは言うまでもありません!

「身代わりになってくれたんだと思う。」

友人は再び感謝を口にしました。

サンキャッチャーは、
落ちてパーツがバラバラになることや、
少し欠けることはあっても、
粉々になることはまずありません。

それこそハンマーで叩くくらいの
よほど強い衝撃を与えなければ、まず無理です。

彼女の話だと、サンキャッチャー以外、
窓にも床にも一切傷はなかったそう。

これは、
私のつくったサンキャッチャーがというより、
日ごろから、
彼女が天使や自分を守ってくれている
見えない存在達に感謝の念をもっていたことが
起こした奇跡だと思います。

そして彼女は
このサンキャッチャーをとても気に入っていて、
いつも「キレイだなぁ」と、眺めていたそうです。

だからこそ、天使はこのサンキャッチャーに宿り、
ある意味での犠牲となってくれたのだと・・・

これは、天使が見えないからと言って、
アンドロメダ星人の助言をおざなりにしていた
私にとっても非常に意味深い出来事でした。

彼女に頼まれ新しいサンキャッチャーを納品しました。

サンキャッチャーの光

天使は、
私たちの要請なしには手出しできないのだそうです。

だから常に、友達のように話しかけ、
常日頃からお願いすることが大事なのだとか・・・

私のように疑い深い人は、天使に
「存在するなら、その証拠をわかるように見せて」
と伝えておくと、そのサインを送ってくれます。

一人ひとりに、
ガーディアンエンジェル(守護天使)がいて、
私たちの役に立ちたくてうずうずしている彼らに
仕事をさせてあげましょう!

私も、事あるごとに「なんとかして~」
とお願いしてます(笑)

関連記事

  1. 神秘体験

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

宇宙人の過去生 精霊界からのミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ

アーカイブ

ツールバーへスキップ