ペパーミント

コロナに有効なアロマとは?

連日コロナ関連の恐怖を煽るニュースで、もううんざりしている今日この頃。
ただ、コロナウィルスが存在しているのは事実なんだろうし、罹患したらどうなっちゃうの?っていう心配している人のために、コロナに有効なハーブについての情報が入ったのでシェアします。

この情報が、間違って伝わらないように、全文を引用元から抜粋します。

ただ、「コロナには○○がいいらしい・・・」という曖昧な情報伝達は避けていただきたい。そうやって、よく確認もせず噂を信じるからこそ、私たちはこんなにコロナのニュースに振り回されてるのだから。

引用元は崎谷博征氏のFacebookからです。

『感染症に有効なハーブとは?』(※3/27に投稿された記事です)

3月21日、25日の『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の真実』オンライン講座が無事に終了したしました。スタッフの皆様、ご参加頂いた皆さんありがとうございました。
今回は1時間のダイジェスト版で人工ウイルスそのものの説明は、病態にとってあまり重要でないため割愛いたしました。後日のフルバージョンの講義で人工ウイルスについても、その真相を分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

予想通り、東京オリンピックの実質中止宣言を受けて、日本でも“東京封鎖”をパペットさんたちが急に言い始めました(漫画ですね(^_−)−☆)。

世界の権力者たちの管理人のさらに僕たる政治家たちは、示し合わせた様にフェイク・パンデミックを利用して戒厳令を出しまくっていました。しかし、ここに来てイギリスは、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、もはや脅威となる感染症とは言えない(As of 19 March 2020, COVID-19 is no longer considered to be a high consequence infectious diseases (HCID) in the UK.)」と言い始め、トランプも同じくlock downを早期に解除したい意向を述べています。
またまた、日本は周回遅れでした・・・・・・・
日本でこの戒厳令が出される理由は、主に経済崩壊をもたらした後に、株価が急落した優良企業および私たち日本人の資産の収奪ためです(トヨタなどもただ同然で叩き買われるでしょう)。それと北海道や九州(近年の人工地震が引き起こされた場所)など白人にとっても住みやすく、かつまだ汚染がそれほど深刻でない地域の土地・水源の収奪です(不動産価格の下落)。経済崩壊でただ同然で私たちの資産は、どさくさに紛れて全て金融マフィアに献上されるのです(ゴールドマンサックスなどのハゲタカの動きを見てください)。国会で眠りこくっている日本のパペットたちは、それの介助人に過ぎないということなのです(もちろん、金融機関のベイルアウト、ワクチン強制接種を始め、人権無視・完全コントロールのてんこ盛りが控えています。あの人は念願の改憲を・・・・・)。

さて、以前お伝えした様に、今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化(肺線維症)には、ストレスホルモンであるセロトニンが深く関与しています。
肺線維症は、セロトニンをブロックすることで進行が防げることがわかっています(Bull Exp Biol Med, 152 (4), 519-23 Feb 2012)。肺線維症と同じ炎症(→繊維化)が肺の血管に起こると肺高血圧症という病態になりますが、この場合もセロトニンが関与していることが報告されています(Thorax. 1999 Feb;54(2):161-8)。実際にサーズ(SARS)を引き起こすコロナウイルス (SARS-CoV)においても、増殖に必要な酵素はセロトニンを必要とすること、そしてセロトニンをブロックすることで、コロナウイルスの増殖をブロックすることを以前お伝えしました(J Virol. 2005 Jun; 79(11): 7095–7103)。

そして、抗セロトニン作用がある物質(Cinanserin)が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) に有効であることも報告されています(bioRxiv preprint doi: https://doi.org/10.1101/2020.02.26.964882)。これらの抗セロトニン作用を持つ医薬品は、私たちには入手できませんが、心配ありません(医薬品はむしろアジュバント満載で危険です)。私がお気に入りで、かつ抗セロトニン作用(つまり本当の感染症治療および抗がん作用)を持つハーブがあります。それがペパーミントです(Phytother Res, 25 (5), 702-8 May 2011)。ペパーミントは抗セロトニン作用を持つため、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などの感染症だけでなく、自己免疫疾患、うつ病、心臓血管障害や癌にも有効です。ペパーミントの香りを嗅ぐとスッキリするは、鼻粘膜や肺だけでなく脳のセロトニンの濃度を低下させてくれるからなのかも知れませんね。 (^_−)−☆。まずは食習慣を中心とした生活習慣の改善(=糖のエネルギー代謝を高めること)が大前提ですが、私たちが普段から使える、感染症に有効なものがたくさんあるのです。

崎谷博征Facebook『感染症に有効なハーブとは?」
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化(肺線維症)には、ストレスホルモンであるセロトニンが深く関与している。
  • 肺線維症は、セロトニンをブロックすることで進行が防げることがわかっている。
  • 抗セロトニン作用がある物質(Cinanserin)が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) に有効であることも報告されている。
  • 抗セロトニン作用をもつハーブはペパーミントである。

お友達にシェアするときは、なるべくこの崎谷さんのページごとシェアしてくださいね。

私はこの崎谷さんと直接知り合いではないし、著書も読んだことがありませんが、
影の政府ディープ・ステートがコロナに絡んでいるという認識は一致しているので、一目置いている人物であります。

それに、ペパーミントの香りを嗅いだり、お茶を飲んだりすることにデメリットはないので、試してみてもいいのではないでしょうか?

情報は玉石混淆。有益なものを選び取るのは難しいですが、何事も疑ってみるのは大切です。とくにニュースや報道は、かなり誇張されていたりしますからね。

関連記事

  1. 香りと官能の世界

  2. 女はニオイに敏感な生き物

  3. インドール、その正体は・・・

  4. 嗅覚は知っている

  5. フローラルハイ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ペパーミント
  2. 宇宙人会
宇宙人の過去生 精霊界のミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ