女はニオイに敏感な生き物

Pocket

こんにちは!

女性性が花ひらく香りのコンサルタント

Devaユカです!

以前の記事でも、

女性はフェロモンを嗅ぎ分け、
自分と遠い免疫系の遺伝子配列を持つ男性を無意識に選ぶ。

とご紹介しました。

実はすでに誕生した段階から、

女の子の赤ちゃんは、
匂いのついているおもちゃとそうでないおもちゃを渡すと、
匂いの付いたおもちゃを選ぶんだそうです。
それは男の子の赤ちゃんにはない傾向なんだとか。

それは本能ともいえる領域。

女性は一生のうち子供をつくれる期間、
産める回数が限られています。

そんな中で自分の遺伝子を残していくためには、
より強い遺伝子を持つ男性を見極め
(もとい、嗅ぎ分け)なければなりません。

だからこそ、
ニオイに非常に敏感なのです。(特に排卵期)

逆に言ってしまえば、
男性は射精さえできれば、
死ぬまで子孫を残すチャンスがありますし、
短期間に何人もの女性を妊娠させることも可能なわけです。

一夫一婦制は、自然学的見地、
種の多様性から見ると
不自然なのかもしれませんね。


関連記事

  1. 嗅覚は知っている

  2. 香りと官能の世界

  3. インドール、その正体は・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

宇宙人の過去生 精霊界からのミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ

アーカイブ

ツールバーへスキップ