人の為と書いて“偽”

Pocket

こんにちは!

女性性が花ひらく香りのコンサルタント

Devaユカです!

「人の為」と書いて「偽」となります。

20代の頃、考えていて気づいたことです。

人の為にしていることは、

実は自分の為にしている事-

“人の為”には、

かならず自分の欲求や期待が潜んでいます。

喜んでもらいたい、受け入れてもらいたい etc

それらの欲求や期待が自分の中にあることを

知っていてする“人の為”と、

言葉通りの“人の為”では、

全く違うエネルギーになります。

前者は、

相手に自分を投影していることを知っているので、

「させてもらっている」という意識になります。

相手が感謝してくれたら、

自分が嬉しい気持ちになる。

嬉しい気持ちにしてくれてありがとう!

逆に、受け取ってもらえなければ、

あ~、自分は嬉しい気持ちになりたくて、

この人に何かをしてあげていたんだな。

この人の為と言いつつ、

自分が満たされたかったんだな。

と諦めもつきます。

しかし後者は、

「してあげている」という、

ちょっと上から施しているような

無意識が芽生えます。

そうすると、

もし相手がそれを拒否したり、

感謝してくれなかったら、

それどころか裏切られたら、

「あなたの為にしてあげたのに!」

「なんて恩知らずなの!」

腹立たしい思いが生まれます。

そこに期待があったことの顕れです。

一方、感謝されたら、

無意識に「もっともっと感謝されたい」、

「必要とされたい」となって、

過度にお節介になったりします。

「家族の為に働いている」

家族の為ではなく、

「家族が幸せだと、自分も幸せだから!」

が真実です。

相手の顔に自分の顔を重ねてみましょう。

「してあげる」ではなく、「させてもらう」

人の為と書いて偽の深いい話でした(笑)

いいなと思ったら、

どこかで饒舌に語ってください!

この“人の為”の真意と同様にある

「自己犠牲的ボランティア精神に潜む闇」

これについてはまた今度書きます!



関連記事

  1. お金は善か悪か

  2. 人生は修行それともゲーム?

  3. スピリチュアルにご用心

  4. 事実はひとつ、けれど解釈の数だけ現実は創造される

  5. 必要とされることを必要とする人々

  6. 人に優しく、でもまずは自分に優しく

  7. 人と比べない生き方

  8. 愚か者であれ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 意識の在り方

    2019.05.2

宇宙人の過去生 精霊界からのミッション
  1. シリウス
  1. 2019.01.11

    黄金のリンゴ

アーカイブ

ツールバーへスキップ